和紙づくりのオトつづり

アクセスカウンタ

zoom RSS ザ・ファイナル 日本省になるって、ホンマでっか!?

<<   作成日時 : 2011/02/24 22:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

なんの事はありません。20年後には日本が中国の一部になるというだけの
話です。orz

“ヒトと対峙した時、相手から得る情報の60数%は言語以外からである。”

“だから、笑顔で楽しく伝えないと、伝わんないわよ〜。”と
独特の語り口で始まりました。尾木直樹先生 通称 “尾木ママ”
講演会。

“これは nonverbal communicationといって、科学的に証明されてるの。”

確かに“目は口ほどにものをいう”とも言いますわな。

どうりで・・・、い、いや、なんでもありません。

タイトルのお話をさせて頂くと、“日本はこのままでは
20数年後には日本国ではなく、日本省という中国の一部になる。”
というお話を教育の現場から鋭く切り込んだお話です。

ちなみに、某“総理大臣はご近所なので、仲良しなのよ〜。”との事ですが・・・。

教育関連者が多く出席なさっていた、会場。現状の現場を
斬りまくるトークに大爆笑と、一部の手汗、脇汗、いやな汗。
脇汗パットなんかでは、吸収でききれなかった事と存じます。

東京 某区では、公立小学校の売り込み合戦があること。
生徒を先生方が“顧客”と呼んでいる学校もあるとか。

世界的に廃止傾向にあるなか、日本では未だに教育の現場では
重要視されている全国の学力テストでは、
教師による生徒への解答伝達とかは当たり前。
それもそのはず。地域の議会が教育委員会に
プレッシャーをかける様相は、およそ“教育”とはかけはなれた
ものになっていると嘆かれておりました。

その他、“百ます計算だけで、あたまが良くなるとかはあり得ない。”とか、
“競い合いのなかでは、学力向上はあり得ない。”とか、
都市伝説に乗っかった感がある教育現場の現状をなんとか
しようと、熱い語りは続きます。

タイトルにした、日本省になる〜ってのも、教育の現場からの
洞察です。

去年の大卒の就職率は60.8%。約31,000人が無職のまま
卒業している現状やら、東大では49.1%、阪大では30%が就職留年
をしている背景には、大企業の海外留学生、多くは中国からの
留学生、の大量雇用があるとのこと。

大阪に本社がある、電化製品企業にいたっては、
全新規採用者800人のうち、8割が外国籍の方との事。

ボーダーレスなビジネスが当たり前のご時世、
“社内公用語が英語になります。”
は、全く持って非現実的な話ではないのです。

では、どうすれば良いのか?

“個の確立”という近代国家のありかたをみんなで模索しなければ
なりません。それぞれの立場から。そのあり方を尾木先生は国家の財産である
子供たちの教育現場の立場から提言されているのです。


尾木ママの「叱らない」子育て論
主婦と生活社
尾木 直樹

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 尾木ママの「叱らない」子育て論 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





子ども格差――壊れる子どもと教育現場 (角川oneテーマ21)
角川書店(角川グループパブリッシング)
尾木 直樹

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 子ども格差――壊れる子どもと教育現場 (角川oneテーマ21) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



今日も和紙オトにきてくれて、誠に有難うございます。
“俺たちの時代は〜”とか言うオッサンだけにはなりたくありませんが、
どんな現場もリアルタイムで変わっていくもの。目を閉じて、耳を塞ぐのか、
アグレッシブに情報を選り分けていくのかは、やっぱり本人次第と
いったところでしょうか・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ザ・ファイナル 日本省になるって、ホンマでっか!? 和紙づくりのオトつづり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる