和紙づくりのオトつづり

アクセスカウンタ

zoom RSS ウラ出張報告 奈良編 その1

<<   作成日時 : 2011/06/10 21:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

物語はその“宿”に向かう車中から始まる。


地図で見ても、誰に聞いても、とても徒歩で行ける範囲でないのは
事前に把握していた。というより、想像していた。地図で見ると
駅にして3〜4駅分の距離があるからだ。

文化財修復学会の会場展示準備を終えた我々2人は、梅雨の合間の
蒸し暑い夕刻、大量の資材・資料を両手に奈良市内のメインストリートである(?)
近鉄奈良駅前の通りを東に進み、大仏さまで有名な東大寺をもう少し
東に進んだところにある奈良県新公会堂から“宿”に向かうべく空車を
探した。

シンデレラ(白雪姫?)にまとわり付く鹿や小鳥は画像を“のほほん”と
暖かなものにしてくれるが、現実の夕刻が近づき、空腹の鹿たちは
野生の香りをまとった障害物でしかなかった愛くるしい
奈良の思い出だ。

止まらぬ汗を拭いながら、空車を発見。手を上げて止めようにも、
重い荷物の為両手が上がらず、妙な姿勢で道路に飛び出て車を
止める。運転手さんの怪訝な顔が印象的だった。

荷物をトランクに入れ、どっかりとシートに収まると、少しだけ
景色を楽しむことが出来た。

““宿”にはレンタル自転車があるらしいから、明日はそれで会場まで
行こうかぁ!?”

と、当日の一仕事を終え、リラックスし、すっかりリゾート旅行気分の我々は、

“どれくらい、会場から離れているかにもよりますよねえ”

なんて、知らない街を自転車で疾走する爽やかな(?)絵柄をイメージし、
奈良の中心部から加速し続けるタクシーにその時点ではなんの疑念も
抱かなかったのである。

今日も和紙オトにきてくれて、ありがとう。
鹿って、ヒトを“たたく”って知ってました?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ウラ出張報告 奈良編 その1 和紙づくりのオトつづり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる