和紙づくりのオトつづり

アクセスカウンタ

zoom RSS 同窓会(とは言っても、学校はかぶったことのない面々)

<<   作成日時 : 2011/08/23 21:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

Facebookを通じて24年ぶりの友人を交えての同窓会を行った。
とは言っても、朝から集まった4人は学校が一度も
一緒になったことのない4人である。特に、私は私以外の3人とは異なり、
一度も彼らと学校が一緒になったことがない。私を除く3人は小学校であったり、
中学校であったり、高校で同じ学校に通っていた仲間であるのだが・・・という
4人である。そんな集まりを「同窓会」と言っていいのかどうかはおいておくが、
なんせ、朝から晩まで繰り広げられる夏の日の「会」が始まったのだ。

メンバーそれぞれの現在の職業は、製薬会社のシカゴ駐在員(I)、不動産業経営者(S)、スーパーマーケット経営者(N)、和紙屋の4人である。プライベートは・・・。

ここでは割愛しよう。

S、Nは高知在住であり、昭和43年生まれ(前後1〜2年含む)の近しい仲間で
構成するプライベートな「会」に属している為、年に数回は会うのだが、
I に至っては24年ぶり。Facebookでアップされている画像で最近の姿かたちは
確認しているものの、すっかりエリートな肩書きになっちゃっている彼に3人は、

「おいおいおい、どんなになちゅうがやろう?(土佐弁:どんなに変わっているのだろう)」

と、その日が来るのを楽しみに待っていた。

ここで、「友達の友達」始りの4人が古くは幼稚園からの付き合いであるが、そんな
付き合いが継続しているってわけでもない、おっさんらが再会することを不思議に
思った方もいらっしゃることと思うので、共有する「根っこ」をご紹介するとしよう。これだ。



むろん当時の皮ジャンも、ブラックジーンズも、ドクターマーチンも今はもう
入らない 無い。当時のLP盤やカセットテープは、もはや
発見不可能な場所にあるのだが、今でもそれぞれのiPodやスマートフォン、
車のハードディスク等メディアのメモリーの1部はかならずこの手の音楽の
指定席なのである。

閑話休題

IはIで、この日に至る事前のFacebook上でのやりとりで、

「おんちゃんになっちゅうって聞いたけど、ゴルフ場で会って分かるよねえ?」

と高知在住の彼のお母さんや、妹さんからの私情報に一抹の不安を覚えていたらしい。
そりゃそうだ。彼女らの私に関する記憶は中学生くらいで止まっている。
キャンディキャンディで言うならば、当時の私はアンソニーで、現在の
私はアルバートさんだからだ。



・・・。

そこらじゅうから飛んでくる罵声は激しく無視するとして、
当日の朝。クラブハウスで対面するなり、

「変わってないじゃん、全然っ。」

ま、ディテイルに宿った神様がディテイルをディテイルに
見せなかったのであろう。お互いがどんなことを想像していたかは
追究せずに、お互いのミスを腹抱えて笑い、ショットの前には
昔の赤面案件を問いかけるという、あらぬゴルフを終了し
反省会へ。

※ゴルフ場では紳士たれ。良い子の皆さんはマネしちゃだめよ!

居酒屋 左 で夕食をとり、当時の仲間が1名参加。ますますその
場はヒートアップの様相。ビールに焼酎が飛び交う最中、
朝から参加の2名はウーロン茶でタテノリだ。

食欲を満たし、グダグダしていた我々の元に1本の電話。

「どこにおるがぁ!?」(土佐弁:何処にいるの?)

これまた、仕事を終えた30年振りくらいの友人から嬉しい参加連絡。
河岸を変え、同級の友人がシェフをしていた(20日まで)ダイニングバーへ。
そこでも1名加わり、7名に膨らんだ懐かしい面々で
ワイン赤・白をそれぞれ数本空にし、いよいよその場は大盛り上がり。
最初から砕けてた私らと、酒量と共に徐々に砕けてきたみんなの話が
空白の数年を埋めたとおもわれたころからの会話の記憶がおぼろげに・・・。

それでは意味がないので(なにが?)、これまた同級で中学?高校?から
付き合いのあるマスタ-の 蔵の和BAR フクワウチ へ。

仕上げにベンチャーウイスキーのイチローズ・モルトと超レアもののシングルグレーンに舌鼓をうち、打ち止め。
呂律も焦点も合わなくなった我々はもはや会話の体をなしていない状態。

いつになるのかわからないが、再会を誓って午前3時というまだまだ
夜も若い時間に帰路に就く、当時の体力は望むべくもなくなった我々であった。



今日も和紙オトにきてくれて、有難う。
その日を振り返ってみても、あまり昔の事を懐かしんで話したりってのが
なかったところが、なんかうれしかった。それはおっさんになっても
まだまだ「前だけ睨んで生きてるなあ」という彼らのカッコ良さに触れ、
刺激を受けた証かもしれません。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
同窓会(とは言っても、学校はかぶったことのない面々) 和紙づくりのオトつづり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる