和紙づくりのオトつづり

アクセスカウンタ

zoom RSS 高知県との意見交換会(まとめ)

<<   作成日時 : 2011/08/24 21:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

よく遊んだ後は、良く働かなければ!!

そう、おシゴトの場で、「ブログ読んでます。」と言われるのが苦手で、
気の弱い私は思い出したかのように、シゴト関連の記事も掲載したりするのだ。

そこで、先日より間髪を入れずに高知県製紙工業会 会員としてと、
日高村住民としての、2回出席させて頂いた高知県産業振興計画に対する
意見交換会のコトでも記しておくとしよう。

これは、「高知県の経済を根本から元気にするためのトータルプランです。
県民が一丸となって同じ方向に力を合わせて進む旗印となるよう、生産から
流通・販売までを見通し、産業どうしのつながりを考えてつくしました。」
(高知県産業振興計画 Ver.3 より)という計画に対する
「企業団体、地域住民の意見を聞かせてよ!」という高知県主催の会議なのだ。

お盆休み前で高知県製紙工業会の重鎮の方々がスケジュールが合わない為、
ご指名を賜った小職は小鹿のバンビの足取りで会場である高知県紙産業技術センターに向かったのである。



会場に入るなり、沢山の県職員の方々と名刺交換させて頂き、出席簿を見てびっくり。製紙工業会 11名 高知県 17名(プラスリスト以外の方々もいらっしゃったような・・・)によるバトルロワイヤル 友好的意見交換会であったのだ。

かくして、ファシリテーターもいない、タイムキーパーもいない掟破りの意見交換会が始った。

高知県としては、高知県の漁業と同等の出荷額である高知県の製紙業界の意見を参考とし、今後のプラン策定と改善を行っていきたいという旨の説明があり、それぞれ順番に意見を述べてゆくという段取りの説明があった。

ちなみに経済産業省 2009年 工業統計表によると高知県製紙業の主な数値は:

65事業所(高知県全工業事業所の5.7%)があり、
2,439名(高知県全工業労働者の9.9%)が従事しており、
495億円(全体工業の11.0%)の出荷額だそうだ。

「ほう、漁業と同じくらいたあ、高知県の製紙業界の皆さんスゲーなぁ。・・・!順番で!?とおっしゃられましたぁ!??」

製紙工業会の役員の皆様の顔ぶれにすっかり、オブザーバー気分であった私の膝のタテ揺れとあらぬ箇所からの冷や汗振りは皆様のご想像どうりでございます。はい。

主なご意見といたしましては:

「おのおのの工場・製品のオリジナル性が高い為、量の拡大にはこだわっていない。」

「県の政策がボリューム拡大であるならば並行は難しい。」

という冒頭飛び出たご意見を中心に、金融、物流、ITのコストが他県に比べて不利な地域での経営戦略に対する支援策も参加者から次々に発せられましたが、

「他県・他国の製紙産業とコモディティグッズではない高知の紙産業を一緒にされては困る。」

という抜本的な政策改定を求める姿勢のまま閉会となりました。

本日も和紙オトに来て頂き、誠に有難うございます。
とても貴重なご意見を同業者の方々から伺うことが出来た
貴重なお時間でした。高知県の方々からも関連する情報を
余すことなく伺うことができ、勉強させて頂きました。
皆様、本当に有難うございました。

・・・。

なにかぁ!?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
貴重な意見を記しちょいてくれんと。、残念!
Je5iwg
2011/08/25 13:44
監督、主なご意見以外には:
・土佐和紙のブランド化
・設備に対する補助金
・地産地消の強化(家庭紙、名刺等々)
 これは、地元新聞が韓国からの輸入紙を使用しているという指 摘もございました。

・自然災害への対策
・海外に対する流通改善(スピード、コスト)
・エネルギー問題(県が推進しているバイオマス等のアドバンテ ージを提示して欲しい。)
・仁淀川に対するブランドづくり、保全。
・四国電力の緊急時対策(原発が止まれば、15%電力が不足され ることが予測される)
・若年者に対する職業意識改革、教育(サービス業以外は職業と して認識していない)
・問い合わせ窓口の一本化
・補助金の前渡し

私の意見としては、国内市場縮小傾向と生活様式の変化から、今後は海外市場に活路を見出さなければならないというアウトラインから:

・土佐和紙のブランド化
・海外販路開拓にプロ(商社等)との契約をしてほしい。(現場 を把握している人が必要だ)
・公の細かく、スピーディーな対応(放射能に対する証明書、海 外販売に対するツールの翻訳等々、本業に携わるフォローの強 化)

などを依頼しました。

これらに対する返答は・・・。また会議室でお話しいたします(T_T)。
和紙オト
2011/08/25 14:33
なるほど! 問題多し!って感じ?
とにかく高知で生産された物を全国に知ってもらわないと(ブランド化しないと)始まらない?
また、海外販路開拓に至っては、国会議員が私利私欲に走っていては、商社等も力を発揮できないのでは?と今はとくに心配でならない。
でも、これからは海外市場に期待するしかないだろうなあ〜。
je5iwg
2011/08/26 09:35
国内の人口減、市場縮小の場面では、よほどの特異性を持つか、海外市場への販路拡大しかないのかなぁ。と思ってます。

同時に海外からWASHIを検索される時、他地域に比べ少々プレゼンが遅れていると感じられる土佐和紙のブランド構築は急務であると、先の東京でのSTEPの四国地域の製紙企業展示会で感じました。H原紙の新社長も同様に感じられたというところから、恵紙会の発足へと繋がっていきました。

わたしくしと致しましては、監督が監督でいて下さる限り、一平卒として粉骨砕身致します(夜の護衛も含みます)<(_ _)>。
和紙オト
2011/08/26 09:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
高知県との意見交換会(まとめ) 和紙づくりのオトつづり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる